ケアマネージャーのサポート

要介護者が生活する場所

  • トップ /
  • 要介護者が生活する場所

介護施設で生活するメリット

介護保険は、40歳以上の日本国民が加入する皆保険です。人は年を重ねるごとに身体の機能が弱まり、伴って筋力などが低下します。また、思いもよらない事故や病気の影響で、今まで何不自由なく暮らしていた人も要介護状態になる可能性があります。要介護認定された方にサービスを供給する介護保険は、平成12年に施行され、約17年が経過しました。全国の場所でサービス供給を受けた方々の、自立しようとする生活に役立っています。介護保険を利用して生活するには、大きく分けて2つの場所があります。特別養護老人ホームや老人保健施設などの施設と自宅です。どちらの場所を選ぶかは、本人の意思が優先されますが、家族が看ることができない現状によって、本人の意思に反して入所するケースもあるのが現状です。施設入所は、他者との共同生活になるため、自宅に居るときのように、自由にスケジュールを立てて生活することは難しいですが、我慢せずに担当のケアマネージャーに相談することで、なるべく希望に近づける生活を送ることができるようになります。最大のメリットは、常時職員の見守りを受けて、体調不良や事故などをいち早く見つけて対応してもらうことができますし、自宅では難しかった入浴や排泄などの介助を供給してもらえ、安心した生活が送れるようになります。

介護の有益情報

↑PAGE TOP