有料老人ホームの種類

高齢者増加による介護事情の変化

  • トップ /
  • 高齢者増加による介護事情の変化

介護施設の需要の増加は確実

日本は超高齢化社会に突入しており、団塊の世代も65歳以上の高齢者となっています。今後は団塊の世代に介護が必要な人が増える事が予測されるため、介護施設の供給が不足すると言われています。国や自治体の方針で特別養護老人ホームや老人保健施設などを増やし、介護施設の供給が行なわれることは確実ですが、介護保険施設だけで不足した施設を補うことは難しい状況です。そのような中で注目を集めているのが有料老人ホームです。有料老人ホームは民間が運営する老人ホームで、入所条件が厳しくないことから多くの人が利用することが可能です。費用が高いイメージがあるかもしれませんが、近年は施設ごとの差別化が進んでおり、安い利用料で入所出来る施設が増えてきています。有料老人ホームのいいところは、施設それぞれに特徴があり、利用者が自分にあった施設を選ぶことができるということです。経済的に豊かな人であれば、ホテルのような豪華施設に入所することも可能です。有料老人ホームの供給により、施設の不足が解消されることが期待されます。施設サービス以外にも在宅サービスの充実が検討されています。在宅での生活をサポートすることで、長く在宅生活を維持することが出来るようになります。

介護の有益情報

↑PAGE TOP